音響と防音の基本|防音職人コンサルティングノート
木造・住宅なら防音職人

防音室と住宅の防音を薄い安全な構造で造ることが基本です

音響と防音の基本は、木材を活用することと、相性の良い防音材を組み合わせることです。
防音職人では、遮音・制振・吸音の3つの機能を設計・施工の基本原則に忠実に構築し、机上の理論を現場経験などによって補正して費用対効果を 高めることを重視しています。
→ 防音設計・工事

とくに木造住宅では、構造や空間的な制約を考慮して、出来る限り「薄くてコンパクトな設計・施工」を心がけています。
また、建物の耐久性や安全性を高める構造的補強と音響・遮音効果を同時に成立させ、現場で使用する材料にこだわり、住宅と人間の体にやさしい音環境、生活空間の形成を 目指しています。→ 業務実績の一覧


ニュース・トピック

注目記事→ 周波数と防音

ウェブマスターのお知らせ・トピック、楽器防音室および住まいの防音をテーマとする事例ページです。


パーソナルサイト

暮らしの雑記と写真(住宅・防音室)のパーソナルページです。