コンパクトな住宅・ピアノ・楽器室の防音を実現する

優れた住宅防音・コンパクトなピアノ防音室を実現します

空間を余り狭くしない、比較的薄い構造による住宅の生活防音、ピアノ防音室(チェロ、ヴァイオリン、ギター、サックス、フルート、キーボード、和楽器、オーディオ等を含む)を構築します。
特に木造では、下地の補強や結露対策および安全な工法・建材の使用により、人に優しい耐久性・遮音効果の高い構造を実現します。住宅など建物に無理な負荷をかけず、適正な工法のもと部屋を狭くしない、費用対効果の高い仕様を工夫します。

防音対策は隙間・絶縁処理、下地補強などが重要であり、ボードなどに隠れて見えない箇所の丁寧な施工こそ、設計者・職人の魂だという信念をもって現場を担当しています。東京近郊(神奈川・千葉・埼玉)など、日帰り可能な地域では専門チームが防音工事を直接担当致します。
とくに、狭い戸建住宅・ピアノ室において、厳しい制約条件を解決してきました。また、マンション・テナントの騒音対策(GL壁、二重天井・床)にも取り組んできました。費用・構造的に無理だと言われた方、諦めないで、 どうぞお気軽にお問合せ下さい。
新築・リフォームの遮音計画の概算見積り、木造防音室(ピアノ・ヴァイオリン、オーディオなど)の工事・相談も行っています。(ご相談には間取り図のコピーまたは設計図が必要です)
*業務のお知らせ・トピックは下段のブログ記事をご覧ください。新築の木造楽器・オーディオ室を計画されている方はぜひ新築相談をお読みください。

オリジナルの防音対策・施工例

掲載事例は、すべてウェブマスターが設計・立案した生活防音、ピアノ・楽器防音室などの実例です。(地方の対策事例も含まれています)
→詳しくは『住宅・ピアノ・楽器防音の事例』をご覧ください。
→主な対策・設計・工事実績は『業務実績』をご参照ください。
専属の施工チームが担当した現場だけでなく、オリジナルの施工図、専用資材をもとに東京および地方の地元施工業者をサポートして実現したものです。他の建築業者が失敗した木造防音室の改善対策の実績もあります。

建物構造・間取りに応じた音響・防音設計

小規模な住宅や木造家屋には、コンサートホールやスタジオ防音室のような設計手法・工法は向かないものであり、コンパクトな木材及び下地構造、薄い素材を駆使することが、最適であると考えています。
コンサルティング・ノート
住宅・楽器(関連記事や依頼者のウェブサイトなどをリンクしています。気楽にご覧ください。)
住まいの生活防音やナチュラルな音色を楽しめる空間構築には、木材および安全で薄い遮音材・音響素材が合います。
たとえば、木造のピアノ防音室では、ペトロフ、ボストン、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ヤマハクラシックタイプのグランドピアノ(中古品しか現存しない製品)など、個性豊かな楽器の特性に応じた音響上の配慮も重要です。
→設計・コンサルティング担当の取組み概要は『防音対策20年の自分史』を併せてご覧ください。
また、隣家との距離や、収納スペース・緩衝空間などを含めた音の減衰効果を考慮することにより、工事などのコストを軽減し、バランスのとれた音響・防音対策を実現できます。
研究課題・分析(内部リンク)

防音職人の3つの根幹

「頭を絞っても知恵が出てこなくなったら事業を辞める。」「製品メーカーの自己申告を鵜呑みにして言い訳をしない。」「現場のフィードバック、体験を反映させる、生きた防音設計・対策を目指す。」この3つが防音職人の決意・屋台骨です。
防音室の技術革新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

固定ページ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.