コンパクトな住宅・ピアノ・楽器室の防音を実現する

MENU

グランドピアノが2台/ピアノ教室の防音

piano04下地に制振材を入れて優れた防音効果と音環境を実現した、九州での事例です。

ピアノ防音室の新築の段階から、建築計画を含めてアドバイスを行い、当初は最初の施工予定業者の技術力に大きな問題が見つかり、 施工業者を変更することとなりました。

予算的には相当厳しい現場でしたが、周辺は建て詰まっていない市街地であり、過度な遮音対策は必要なく、ピアノ教室の音環境を重視しながら、 必要な防音性能を確保する方針で防音設計を行いました。

壁などの下地に共振を抑える制振材を施工し、予算や資材入荷の制約から吸音材は廉価なグラスウールを使用しましたが、選定した遮音マットが木造(合板、 木軸組み)と相性が非常に良く、十分に防音効果を高めることに成功しました。

これは制振材との相乗効果も大きな要因として考えられ、ピアノなど楽器演奏では、音が良く伸び、変な共振もなく、ベストの演奏環境が 構築できたと思います。

防音設計・施工

メール、お電話でお気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 042-528-4533 受付時間 9:00~17:30(日・月・祝日は定休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

防音設計・施工

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.